岐阜の美味しい食文化.

岐阜の食文化/五平餅

岐阜の食文化/五平餅

五平餅とは、木曽・伊那地方から岐阜、三河の辺りに伝わる郷土料理です。 馬籠の出身でもある島崎藤村の「夜明け前」の一節にも出てくるように、この地方では古くから珍重されています。 木の棒に潰したのうるち米を串焼きにしたもので、 地域によって団子型やわらじ型など形が異なり、タレも味噌味や醤油味などの違いがあります。 中央自動車道のほぼすべてのサービスエリアでも味わうことができます。

岐阜の食文化/五平餅の形・タレ

「団子型」が多くみられる地域は、中津川市です。西は蛭川から落合、福岡、坂下、川上ときて、北は付知まで。 これらの地域は、団子型が多くみられます。 一方の「わらじ型」は、恵那市に多くみられます。 岩村、山岡、明智、串原、上矢作といったところはわらじ型が基本です。 中津川市でも、阿木や加子母には、わらじ型が多くみられます。 また、恵那市南部などでは、団子型にもわらじ型にも属さない形の五平餅が存在しています。タレは、団子型には醤油系が、わらじ型には味噌系が多くみられるようです。

岐阜の食文化/五平餅それとも御幣餅?

ごへいもちの『ごへい』には『五平』と『御幣』の2通りの漢字が存在していますよね☆いったいどちらの漢字が正しいのでしょうか?その答えはどちらも正しいです。 そもそもなぜ2通りの漢字が存在しているのかというと、『ごへいもち』の名前の由来には 主に2つの説があることに関係しているようです。 その昔、ある村に住んでいた五平さんが最初に作ったことに由来するという説では『五平』という漢字をあて、 形が山の神様に捧げる「御幣」の形に似ていたことからきたという説では『御幣』という漢字をあてたことから この違いが生まれました。 どちらにしても、同じ『ごへいもち』であることに変わりはありません。

岐阜の食文化/五平餅を買うには?

中部地方のドライブインや道の駅、峠の茶屋、高速道路のサービスエリアなどでよく販売されている。また、スーパーマーケットのフードコート内ファストフード店(お好み焼きやみたらし団子、大判焼きなどを販売する店)でもしばしば販売されている。天竜川沿いには鮎などを炭火で焼いて食べさせる店が点在するが、たいてい五平餅も併せてメニューにのせている。飛騨では、五平餅店というのもある。また、真空パックの商品もあり、インターネット上から通信販売で購入することも可能である。

岐阜の食文化/五平餅の由来

神道において神に捧げる「御幣」の形をしていることからこの名がついたとするのが一般的である。実際、「御幣餅」と表記して販売しているところもある。また五平、あるいは五兵衛という人物(樵であったり猟師であったり、また大工とするものもある)が飯を潰して味噌をつけて焼いて食べたのが始まりとする伝承も各地に形を変えて存在する。いずれにせよ、江戸時代中期頃に木曽・伊那地方の山に暮らす人々によって作られていたものが起源というのが濃厚である。米が貴重であった時代、ハレの食べ物として祭りや祝いの場で捧げられ、食べられていた。

岐阜の食文化/お勧めの五平餅

あまから本店

恵那駅から徒歩1分。創業45年、現在は若き3代目が切り盛りする、恵那っ子には言わずと知れた五平餅の名店。ゴマと山くるみたっぷりのたれは、まさにあまからさが絶妙。瑞浪市や恵那郡岩村町にも支店があります。

三宅

わざわざ名古屋から買い求めに来る人もいるというお店。もちろん地元にもおなじみ。毎日、朝も早くからこしひかり100%のお米を、その日の分だけ炊いて作るから、お持ち帰りしてもおいしくいただける。

もりはる

平成14年12月に開店。無農薬・無化学肥料、害虫も消毒剤は使わず、特にカメムシは1匹1匹タモで取るなど、ご主人が丹精こめて作った有機栽培こしひかりを味わって。米自体に甘味があり、もちっとした食感があとをひくおいしさ。

味よし

風光明媚な恵那峡・さざなみ公園のすぐ近く。地元で「わらじ五平」とよばれる、楕円形で平たい形の五平餅。ここのお座敷は、眺めが良くて、情緒もたっぷり。遊覧船のりばを見下ろしながら、ゆったりと食事ができておすすめです。

あさみ山荘

ます釣り掘もあり、釣った魚は刺身、焼き魚にしてくれる。夏は川遊びのお客さんでにぎわっています。広間があるので、海の家ならぬ川の家。きれいで浅瀬の川遊びは、子供も大喜び。ジュース、ビール、仕出しオードブルなどもあります。

喜楽

昔ながらの味を守りつづけて60年以上。中津川市内で一番古い五平餅屋さん。初めて見る人は、このたれを「味噌」と勘違いする人も多いが、「味噌でないのが”ミソ”」だとか。竹串もご主人のこだわりで、一本一本手作りです。

城見茶屋

岩村山荘のまん前。岩村城へお越しの際はぜひお立ち寄りください。やわらかめのご飯に、香ばしいたれ。もっちりとした触感で、ファンも多い。岩村高校出身者なら食べたことあるよね?