岐阜の美味しい食文化

岐阜の食文化/栗きんとん

岐阜の食文化

岐阜県は、緑豊かで美しい山や川に囲まれたとても自然に恵まれたところです。全国的に人気のある飛騨牛や夏の涼しさを生かした野菜の栽培などが知られています。岐阜県は豊かな自然の中で知恵や技を活かし、地域ならではの素晴らしい食文化を築いてきました。そんな岐阜県は本州のほぼ真ん中、日本で7番目に大きな県です。岐阜県は周囲を陸に囲まれた海無県。人口は約2,065,300人。岐阜は大きく分けると、平野(濃尾平野)が広がり比較的低地の多い「美濃地方」と、3000メートル級の山々が連なる飛騨山脈を中心とした山がちな「飛騨地方」に分かれ、それぞれ気候も異なるため、同じ岐阜県内といえども、北と南ではその様相も食文化も多少異なるのが特徴的です。そんな魅惑の岐阜の食文化を、伝統的な郷土料理から、現代のラーメなどのご当地グルメまで、色々と取り混ぜてご紹介します(´▽`)

岐阜県の食文化の違い

美濃地方の多治見市では毎夏の最高気温がその年の国内最高を記録することもある一方、夏は比較的涼しい飛騨地方の荘川町では、冬の最低気温がマイナス20度以下と北海道並みの低い気温を記録する事もある程に寒いのです。それゆえ、自ずと食文化も異なります。例えば、朴葉を利用した朴葉味噌や朴葉寿司、五平餅、栗きんとんといった昔から作られ食されてきた郷土料理も、飛騨地方と美濃地方では、具材や作り方などが少しずつ異なります。

岐阜の食文化の発展

岐阜県は地域によっては山が深く、雪も深いエリアにおいて、それぞれの地域の土地柄に根ざした食文化が各々独自性を持って発展し、またそれと同時に隣接する愛知や富山、三重、滋賀、福井、石川、そして長野から、街道を経由してじんわりと伝えられる影響を受けつつ与えつつ、親から子へ、子から孫へと伝統が受け継がれてきました。例えばそれらの隣接県にも少しずつ似たような食文化が存在することで分かります。岐阜県は近くに海がないため、伝統的な食文化としては当然、海の魚介類を使った食文化こそあまり見当たらりません。(勿論、現在では新鮮な魚介類を食べることができますが)、内陸部ならではの素材を利用した印象的な郷土料理が目白押しです☆

岐阜の食文化/栗きんとん

秋になると和菓子店の店頭を飾る「栗きんとん」。栗きんとんは栗の収穫が始まる9月1日から翌年1月頃までに手作りで製造し販売されます。栗きんとんは主に、中山道の馬籠宿周辺~中津川エリア、いわゆる恵那地方一帯、及び八百津町、瑞浪市、土岐市、多治見市、可児市、御嵩町、美濃加茂市などで作られます。栗きんとんは、知る人ぞ知る絶品の和菓子です。栗きんとんと言っても、正月に食べられる一般的な栗きんとん、栗とサツマイモ、水飴などで作られる黄色がかったねっとりとしたタイプではなく、栗と砂糖のみで作られた、上品な甘みで栗の味がしっかりと感じられる極上のスイーツです。

岐阜の食文化/栗きんとんあれこれ

栗きんとんは、恵那・中津川地方で値段は1個220円~240円、八百津地方で1個180円程度です。栗を裏ごしして砂糖と合わせ、茶巾でくりの形に整えた、岐阜県の美濃東部名産の栗を使った高級和菓子です。現在は日本各地の和菓子屋でも作られています。素材といい製法といい形といいシンプルで、 かつくりのうまみをストレートに味わえる「キング・オブ・くり菓子」といえるかもしれません(´▽`)手軽なひと口サイズですが、ぱくっと頬張るのはいかにももったいないですね。和菓子としてきちんと食べたい一品です♪賞味期限は2~3日程度ですが、食べきれ無いときは、冷凍する事により保存することは可能です。栗きんとんを冷凍すると当然?味はちょっと落ちちゃいますが(^ー^;)

岐阜の食文化/栗きんとんの季節

栗きんとんの季節は、栗の採れる9月頃から冬にかけてです。この岐阜地方で採れる上質な恵那栗を蒸し、実を取り出したあと、砂糖のみを加え、水は加えずにじっくりと炊き上げます。こうすることで、素朴ながらも品のある「美しい」甘味が引き出されるのです。最後に茶巾で絞って完成です。本物の旬の味覚を感じられる、ある種究極のお菓子です。なお、京都ではこの形のものは「茶巾」と呼び、栗きんとんは餡を裏ごしして、栗のイガのようにした生菓子のことをいうそうですよ☆

岐阜の食文化/栗きんとんの発祥

栗きんとんは、岐阜県と長野県の県境に位置する岐阜県中津川市で生まれたと言われています。岐阜県中津川市にはかつて中山道が通り、木曽路の入り口として栄えた宿場街です。京都と江戸の文化が交わり、独自の商業文化が形成されていきました。中津川のある恵那(えな)地方は水が豊かで日当たりが良好と、くりの生育に適した気候条件が整っています。当時は天然の山くりしか入手できなかったといいますが、大粒で甘さののったくりが名物でした。宿場で提供されるくり料理が旅人に評判になり、全国に知れ渡ったといいます。また、江戸時代の後期には商人たちの間で茶の湯が盛んになり、それにつれて和菓子も発展していったそうです。そんなバックグラウンドを聞けば、栗きんとんが中津川で誕生したということにもうなずけますね(・∀・)

岐阜の食文化/「栗きんとん」の種類

栗きんとんには大きく分けると2種類あります。

(1)栗金飩
栗きんとんは、栗を使った和菓子で、『栗を潰して裏ごしして作った菓子』ということです。漢字では「栗金飩」です☆中津川にある「栗きんとん」の碑は この「栗金飩」の発祥の地を表しています。
(2)栗金団
もう一つはおせち料理に出てくるもので、“むき栗を粘度の高い黄色の餡で和えたもの”です。漢字では「栗金団」と書きます。
栗きんとんの種類あれこれ
もう少し正確に言うと栗きんとん(栗金飩)は『皮をむいた栗に砂糖を加えて煮たものを潰して裏ごしし、茶巾で絞って栗の形に作った生菓子』のことです。

岐阜の食文化/栗きんとんの特徴

栗きんとんの特徴は ホクホクとした食感です。砂糖の甘みに頼らず、栗本来の風味と食感を活かした 上品な味わいにあります。主に東濃地方のうち中津川市・恵那市あたりを中心に販売されていて、現在両市内には栗きんとんを製造する和菓子屋が軒を連ねていますが、近年は全国各地で栗きんとんが販売されています。

岐阜の食文化/中津川地方の栗きんとん

国内の栗の栽培は 北海道から沖縄まで全国で行われています。中津川地方は古くから山栗が多く、茹でたり焼いたりして食用にされていました。茹でた栗を茶巾で絞った栗きんとんの原形に近いものも食されていましたが、明治時代中頃からこれを和菓子の商品として販売されるようになりました。そのきっかけとなったのは、中津川宿を中心とする宿場町で俳諧が盛んになり多くの俳人や歌人が訪れ、粋人である彼らの間で人気の銘菓となったこと、明治以降に喫茶の習慣が一般化したことなどが挙げられています☆

岐阜の食文化/栗きんとんの元祖「すや本店」

諸説あるものの、栗きんとんの元祖は「すや本店」と言われているらしいです。岐阜県中津川市の本家すやが元祖という説と岐阜県加茂郡八百津町の緑屋老舗(明治5年創業)が製造したのが最初という両方の説があります。この「すや本店」を筆頭に、中津川には数多くの和菓子店で栗きんとんが作られています。ちなみに、中津川駅前の中央ロータリーには「栗きんとん発祥の地」の石碑があり、毎年9月9日になると祈願祭がおごそかにとり行われ、栗きんとんが無料配布されます(・∀・)

岐阜の食文化/栗きんとんのシーズン

祈願祭を皮切りに、中津川の一番忙しいシーズンが始まります。多くの観光客が「栗きんとんめぐり」を目当てに町に押し寄せます(´∀`*)皆様も時期になったら是非訪れてみては如何でしょうか♪

岐阜の食文化/栗きんとんの購入方法

岐阜市内には栗きんとんを製造する和菓子屋が軒を連ねていて、岐阜県南東部の恵那地方(中津川市・恵那市)は、恵那栗と呼ばれる良質な栗の産地です。毎年9月1日から翌年1月頃までの期間限定で首都圏・東海・関西などのデパートでも販売されています。今はインターネットによる通信販売も一般的になっているようです☆

岐阜の食文化/中津川市の栗きんとん

江戸時代から宿場町として栄えた中津川市には『すや』、『川上屋』をはじめ50を超える和菓子屋が点在しています。それぞれの店舗で様々なオリジナリティあふれる和菓子が作られていますが、その中でも栗きんとんは全国的に有名で人気のあるお土産となっています。 それぞれのお店の栗きんとんは、見た目は同じように見えますが、食べてみると味はお店によって個性があります。 それぞれのお店の栗きんとんを食べ比べてみるのもいいですね。

岐阜の食文化/「栗きんとん発祥の地」の碑

中津川は栗きんとん発祥の地です。JR中津川駅前ロータリーに、「栗きんとん発祥の地」の碑があります。毎年9月9日(重陽の節句)には碑の前で神事が行われます。9月9日は“重陽の節句”と呼ばれますが、一部では“栗節句”といって 栗餅や栗飯を食べてこの日を祝うという風習があるそうです。中津川では毎年この日に、中津川駅前の「栗きんとん発祥の碑」前で神事を行って 栗きんとんへの感謝を捧げ、栗きんとん数百個を通行人らにプレゼントしているんですよ(´▽`)

岐阜の食文化/中津川を代表する銘菓「栗きんとん」

中津川は山間地にあり山栗が多く収穫され、干栗・焼き栗・栗飯などのほか、茹でた栗の中身を取り出し細かくほぐし茶巾で絞った栗きんとんの原形も食されていました。しかもこの地では煎茶が盛んで、近所同士の交際も広く、互いのお茶うけ自慢も重なって「栗きんとん」は山国の秋の味覚の一品として重宝がられてきました。こうした地の利から、先人たちは栗の栽培がはじまったといわれる大正時代以前の明治の中頃にはすでに「栗きんとん」を商品として販売していたと言われ、今日では中津川を代表する銘菓として広く知られ親しまれています。

岐阜の食文化/栗きんとんを製造している和菓子屋

中津川市や恵那市には東濃地方の中でも特に和菓子屋が多く、栗きんとんの有名店もたくさんあります。秋になると、全国からたくさんの和菓子ファンの方々が栗きんとんを買い求めに訪れます(´▽`)

岐阜の食文化/栗きんとんの主な製造元

中津川市/栗きんとんの主な製造元

恵那市/栗きんとんの主な製造元

瑞浪市/栗きんとんの主な製造元

土岐市/栗きんとんの主な製造元

多治見市/栗きんとんの主な製造元

可児市/栗きんとんの主な製造元

御嵩町/栗きんとんの主な製造元

八百津町/栗きんとんの主な製造元

美濃加茂市/栗きんとんの主な製造元